utsugi

【ウツギ 空木】 (さんぽ道)
ウツギは、枝が中空になっていることから、その名がつきました。♪卯の花の匂う垣根に、ホトトギス早も来鳴きて、しのびねもらす、夏はきぬ♪と歌われた「卯の花」はウツギの別名の事で、昔は垣根に使われたようです。古くから初夏の花として親しまれています。