jinguu

【ジングウツツジ 神宮躑躅】 (さんぽ道)
伊勢神宮神域の朝熊山で発見されたことが名前の由来です。花が開く前に葉が開き、葉には褐色の毛が密生しています。花は6月頃に見られます。